医師募集

医師募集(眼科)の平均的な条件

眼科医の平均年収は、1,835万円であり、全診療科の平均年収1,846万円よりもやや低い水準です1. ただし、この平均はあくまで目安であり、同じ眼科でも専門とする領域の違いや所属する医療機関、働き方、年齢、役職、専門医や指導医などの資格やスキルによっても年収は変わってきます。眼科は今回の調査対象の19診療科中、ちょうど中央にあたる10位でした1.

眼科医の業務内容は、眼球や、眼球につらなる視神経、眼瞼や結膜をはじめとする眼球付属器を検査し、鑑別診断の内容に基づいて治療計画を考案し、治療することです。勤務医と開業医での年収の違いや今後の展望についても考えていきましょう。

  • 勤務医の場合:
    • 病院などの医療機関で勤務する場合、白内障や緑内障などの一般的な眼疾患の手術はもちろんのこと、頭頸部外科や脳神経外科と連携して眼球周囲の腫瘍に対する手術などを行います。高血圧や糖尿病に伴う眼症状に対しても、内科医と連携して診療に携わることもあります。気になる年収は、少し古いデータですが、2012年の調査では眼科・耳鼻咽喉科・泌尿器科・皮膚科4科の平均年収は1,079万円でした1. 年収の分布も示されており、300万円未満は2.6%、300~500万円未満8.3%、500~700万円未満12.5%、700~1,000万円未満17.3%、1,000~1,500万円

医師の転職ブック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です