精神科の医師求人の専門医の年収

精神科専門医の年収は、勤務地、勤務形態、経験年数、スキル、求人先の種類などによって大きく異なりますが、一般的には1,500万円~2,500万円程度と言われています。

2023年の精神科専門医の希望年収は、以下のようになっています。

  • 1,500万円以上~2,000万円未満:44%
  • 1,000万円以上~1,500万円未満:39%
  • 2,000万円以上:12%

地域別で見ると、都市部の方が地方よりも年収が高くなる傾向があります。例えば、東京や大阪などの大都市圏では、2,000万円を超える求人も少なくありません。

勤務形態では、常勤よりも非常勤の方が高収入になる傾向があります。これは、非常勤の場合、時間単価が高く設定されていることが多いからです。

経験年数が長いほど、年収が高くなる傾向があります。特に、専門医取得後5年以上の医師は、年収2,000万円を超える求人に応募できる可能性が高くなります。

スキルとしては、双極性障害や統合失調症などの重篤な精神疾患の治療経験や、児童・思春期精神科や老年精神科などの専門分野の経験があると、年収が高くなる傾向があります。

求人先の種類では、大学病院や公立病院よりも、民間病院やクリニックの方が高収入になる傾向があります。これは、民間病院やクリニックの方が、業績に応じて給与が決定されることが多いからです。

以下は、精神科専門医の年収に関する求人情報サイトです。

これらの求人情報サイトを活用することで、希望に合った求人を見つけることができます。

なお、上記の年収はあくまで目安であり、実際の年収は個々の状況によって異なることに注意が必要です。